グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 当院について  > 過去のメディア報道記録  > 24年度  > 「保健教材ニュース」平成25年2月25日号

「保健教材ニュース」平成25年2月25日号

小学校の保健室向け写真ニュースの「保健教材ニュース」平成25年2月25日号の中耳炎の記事を、松本医師が監修しました。

同ニュースでは、イラストによって耳の構造を表したほか、痛みを伴い鼓膜が腫れる急性中耳炎、急性中耳炎を繰り返し、鼓膜に穴が開いてしまった慢性中耳炎、痛みはあまり感じないが中耳に液体が溜まって難聴などを引き起こす滲出性中耳炎について、それぞれの鼓膜の写真を用いた病気の解説、中耳炎が疑われる症状、生活上の注意点などが、お子さん向けに分かりやすく説明されています。

また、松本医師は合せて養護教諭向けの中耳炎の解説書の監修も行いました。

こちらでは、耳・鼻・のどは密接に関係しているために、風邪や鼻炎などが原因で細菌が中耳に入り込み、中耳炎にかかるケースもあることを説明した上で、急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎といった様々な中耳炎の種類と症状、治療法を説明しています。更に、鼻をすすることで細菌やウイルスが耳に入ることを防ぐため、鼻はすすらずにかませること、鼻のかみ方の指導が必要であること、回復後にも中耳炎を繰り返さないよう、お子さんの耳の状態に注意を払う必要があることなど、中耳炎の予防法も解説されています。