グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 当院について  > 過去のメディア報道記録  > 24年度  > 「苫小牧民報」 5月2日付

「苫小牧民報」 5月2日付

苫小牧民報、茨城新聞など4紙の耳と鼻の病気のコーナーに、神尾院長の『鼻中隔湾曲症』のインタビュー記事が掲載されました。

神尾院長は、鼻中隔の湾曲によって起こる鼻づまりが治療対象となること、湾曲による鼻づまりが起こるメカニズム、薬物治療で症状が治まらない場合は手術の対象となること、手術の手順などを説明した上で、「人間の理想の呼吸は鼻呼吸であるので、積極的に治すことをお勧めしたい」とアドバイスをしています。