グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 当院について  > 過去のメディア報道記録  > 25年度  > 「読売新聞 夕刊」 4月2日付

「読売新聞 夕刊」 4月2日付

読売新聞夕刊で連載中の「はじまり考」という物事の起源や由来を紹介するコーナーに、当院顧問の斎藤洋三医師の記事が掲載されました。

記事では同医師が1963年に杉並木で有名な栃木県日光市で、春先に鼻炎や結膜炎の症状が増えるのはスギ花粉が原因だと突き止めたこと、戦後の大規模な植林によって花粉の飛散量が増加したことなどが紹介されています。