グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 当院について  > 過去のメディア報道記録  > 26年度  > 「夕刊フジ」 9月26日付(突発性難聴)

「夕刊フジ」 9月26日付(突発性難聴)

夕刊フジ平成26年9月26日付に、神尾院長が監修した突発性難聴の記事が掲載されました。

記事では、同疾患は突然片側の耳が聞こえなくなる原因不明の病気で、耳鳴やめまいを伴うケースもあるが、血流を改善させる薬やビタミンB12、ステロイドホルモンなどの投与やブロック注射などの治療を行うと症状の改善が望めること、発症から2週間ほど経過してしまうと治療の効果が出ないケースや耳鳴が残ってしまうケースも多いため、聞こえづらさが3日間過ぎても治らないようであれば、耳鼻咽喉科を受診してほしいといった神尾院長のコメントと、突発性難聴のチェックリストなどが紹介されています。