グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 当院について  > 過去のメディア報道記録  > 26年度  > 「学校保健ニュース」平成26年10月25日号(扁桃の役割)

「学校保健ニュース」平成26年10月25日号(扁桃の役割)

保健室向け写真ニュースの「学校保健ニュース 中学生版」平成26年10月25日号の扁桃の役割の記事を、松本医師が監修しました。

同ニュースではイラストを用いて扁桃が存在する箇所を図示したのをはじめ、扁桃炎について、炎症が起きていたり、膿が出ている症例写真を掲載したほか、「病原体の侵入を防ぐ」、「免疫細胞の力を高める」といった扁桃の役割、「のどの痛み」、「発熱」、「あごや首が腫れる」などの症状、「うがいをする」、「しっかり睡眠をとる」といった予防法などを生徒向けに分かりやすく説明しています。

また、松本医師は併せて、養護教諭向けの解説書の監修も行いました。

こちらでは、扁桃には口蓋扁桃、咽頭扁桃(アデノイド)、舌根扁桃、耳管扁桃があること、鼻や口から入った細菌やウイルスが気管や肺へ侵入するのを防ぐ役割を担っていることなどを説明した上で、扁桃に起こる病気として、急性扁桃炎、扁桃炎が悪化して発症する扁桃周囲炎、更に進展した扁桃周囲膿瘍、アデノイドが大きすぎたり炎症が起きた結果、耳・鼻・のどに様々な症状を来すアデノイド増殖症などについて、症状、治療法、併発する可能性のある疾患、手術の適応などについて解説されています。