グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


神尾記念病院(東京都千代田区神田)は、耳鼻咽喉科疾患に対する高度医療を提供する専門病院です。




第12回 看護部勉強会を開催

発表の風景

平成26年8月22日に看護部の勉強会を開催しました。

12回目となる今回は神尾院長の発案で、外部での研修会に出席した看護師が、そこで学んだ知識を本会で発表しフィードバックするという形式で行われました。

クレーム対応の研修会に出席した外来看護師は「パーソナリティに偏りがある人への対応」と題した発表を行いました。同看護師は先ず、パーソナリティ障害とはどのような疾患であるかを説明した上で、当院で長期に亘って通院治療を行っていた患者さんが、点滴漏れをきっかけに乱暴な発言を繰り返すようになったことで看護師が委縮してしまう状況となり、診察時に医師から患者さんへそうした発言を控えるよう勧告を受けた結果、他院を受診することになった事例を紹介しました。

そして、この事例の後に行った対策として、点滴を受けられる患者さんに向けた注意事項を掲示し、患者さんへの意識づけを行っていること、外部研修会の講師からのアドバイスとして、相手の言動を否定する言葉は使わない、相手の話に傾聴することなどを挙げました。

耳鼻咽喉科領域で特有の看護・治療・検査・手術の重要ポイントについての研修を受けた病棟看護師は、多数のイラストや解剖図を用いて、オージオグラム・ティンパノグラムから判断ができる疾患とその特徴、CT画像による副鼻腔炎の判断、内視鏡下副鼻腔手術に於ける合併症である眼の損傷について、眼窩と篩骨洞・蝶形骨洞を中心とした副鼻腔の位置関係、気管切開カニューレの種類と気管切開後の管理についてなどをまとめ、発表しました。