グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


神尾記念病院(東京都千代田区神田)は、耳鼻咽喉科疾患に対する高度医療を提供する専門病院です。



ホーム  > 取り組みと実績  > 医療の知識・技術向上への取り組み  > 手術手技  > 第3回 内視鏡下耳科手術ハンズオンセミナーに石井医師が出席

第3回 内視鏡下耳科手術ハンズオンセミナーに石井医師が出席

ハンズオンを行う石井医師

平成26年6月6日・7日の両日に山形医学交流会館(山形大学医学部)に於いて開催された第3回 内視鏡下耳科手術ハンズオンセミナーに石井賢治医師が出席しました。

同セミナーは、真珠腫性中耳炎2症例に対する鼓室形成術の見学、日本・カナダ・イタリアの先生方の講義の受講、機材の見学などを行った上で、最後に3Dプリンタで作製した側頭骨標本が出席者1人に対し1個与えられ、持ち時間30分で内視鏡下耳科手術のハンズオンを行うプログラムとなっていました。

当院に於ける内視鏡画像

同セミナーで「ワーキングスペースが狭いという欠点はあるが、広角な視野が得られ、且つ、手術操作の対象物に近づいて観察ができるので死角が少ない」という感触を得た石井医師は、当院に於いて、内視鏡を用いて慢性中耳炎に対する鼓室形成術Ⅲiを行いました。

更に、後日の医局会に於いて、セミナーの出席報告と自身が当院で施行した鼓室形成術Ⅲiの動画を用いて手術操作などについて発表を行いました。発表後の意見交換では「同手術を行うためには、顕微鏡下の耳科手術と内視鏡下副鼻腔手術について、それぞれ十分な経験をした上で行うことが必要である」との結論に達しました。
耳の手術を説明するページへ