グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 取り組みと実績  > 医療の知識・技術向上への取り組み  > 手術手技  > 日本耳科学会「耳科手術登録」に協力しました

日本耳科学会「耳科手術登録」に協力しました

日本耳科学会が同学会の代議員の先生方が所属されている医療機関を対象に行っている「耳科手術登録」に協力しました。

本件は全国の耳科手術の実態を調査することを目的としており(同学会からの調査依頼メールより抜粋)、当院では比野平医師が同学会の代議員を務めていることから、依頼があったものです。

本調査は、2015年4月~2016年3月までの間に施設内で行われた鼓室形成術やアブミ骨手術をはじめとする全ての耳科手術が対象で、診断名、麻酔方法、手術時間、アプローチ方法、内視鏡使用の有無、術中損傷、乳突洞削開の有無、耳小骨再建の型式、コルメラ材料など多様な項目から成っています。

当院は対象期間内に行われた計246例の耳科手術データを入力・提出しました。

当院のデータが耳科手術発展の一助となれば幸いであると考えています。