グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



新型コロナウイルスへの取り組み

当院では、患者さんが安心してご来院頂けるよう、コロナウイルス感染拡大防止に関して、以下のような取り組みを行っています。
皆様にはご不便をおかけいたしますが、職員が一丸となって感染防止に努めて参りますので、ご理解・ご協力くださいますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルスへの感染対策

当院では職員と院内設備について、以下のような対策を行っています。

  • 院内各所にアルコール消毒液を設置しています。
  • 受付と会計にビニールカーテンを設置し、飛沫感染予防を行っています。
  • 医療スタッフは、マスク、フェイスシールドを着用し、手指衛生を徹底しています。
  • 治療器具、検査機器などの滅菌・消毒を徹底しています。
  • 待合室・診察室・検査室に空気清浄機を設置し、換気を徹底しています。

患者さんへの対応

患者さんには、以下のような対応とお願いをしています。

  • ご来院時には、マスクの着用と手指消毒をお願いしています。
  • 事前に検温を行ってから、受診して頂いています。
  • 職員2名を病院入口に配置し、全ての来院患者さんに対して、サーモグラフィーや非接触型体温計による検温、コロナウイルスに関する問診を行います。
    検温と問診の結果、少しでも感染が疑われる場合には、他の患者さんから隔離するため、屋外に設置した簡易テント内で診察や抗原検査を行います。
  • 診察や検査の際にも、必要時以外はマスクを外さないよう、お願いしています。
    但し、高度難聴の方に対しては、医療スタッフが透明のマスクを着用しての会話または筆談で問診・診察を行いますので、ご安心ください。


【診察をお断りする場合】
  • コロナウイルス感染後または濃厚接触者となった後、一定期間は診察をお断りさせて頂きます。
  • 味覚障害・嗅覚障害発症後28日以内の方は、診察をお断りさせて頂きます。

これらに該当する方は、当院の規定期間経過後に受診してくださいますよう、お願いいたします。



PCR検査と抗原検査

●抗原検査
入口で検温と問診を行った結果、37℃以上の発熱がある、嗅覚や味覚に異常がある、風邪症状があるなど、コロナウイルス感染が疑われる症状がある方に対しては、医師の判断のもとに抗原検査を受けて頂きます。
抗原検査の結果が陰性であれば(判定に15分かかります)、診察を受けて頂きます。

●PCR検査
当院に入院される全ての患者さんに対して、入院前にPCR検査を受けて頂きます。
小児の入院に付き添われる方に対しても、PCR検査を受けて頂きます。