グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 耳鼻咽喉科の病気

耳鼻咽喉科の病気

難聴・耳鳴り・鼻づまり・アレルギー性鼻炎など一般的な疾患からめまいに代表される平行機能の障害やいびき、味覚障害など耳鼻咽喉科が取り扱う様々な病気を紹介します。


耳鼻咽喉科が取り扱う病気は、難聴・耳鳴り・鼻づまり・アレルギー性鼻炎などといった、一般によく知られている疾患だけではなく、めまいに代表される平衡機能(身体のバランス)の障害や、いびき(睡眠時無呼吸症候群)、味覚障害、顔面神経麻痺など様々です。
ここでは、耳鼻咽喉科の病気について解説します。