グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 耳鼻咽喉科の病気  > 鼻出血

鼻出血

鼻の中は血管が多く、損傷を受けやすい

鼻の粘膜は血管が多く、鼻中隔の前端(キーゼルバッハ部)は特に血管が集まっていて、血管損傷を受けやすい場所です。鼻出血の大部分は、この部位からの出血で70~85%を占めています。鼻を意識的にまたは無意識に指でいじる、カゼをひいて鼻をかむ、また、くしゃみ、せきで一時的に血圧の上がった場合、環境の変化(超高所、気圧の変化、乾燥空気)などが引き金となり、出血します。

原因となる疾患があって鼻出血を起こす場合は、症候性鼻出血といわれ、鼻の病気以外に動脈硬化、高血圧、血友病、白血病、血小板減少症、肝臓・腎臓疾患などで出血してきますので、「鼻血ぐらい」と安易に考えないで血液検査など精密検査が必要となります。
また、若い女性では月経異常および妊娠中に鼻出血の起こることがあります。

出血が止まらない場合は専門医の診療が必要

鼻出血を起こした場合は、椅子にかけさせ、やや仰向けに顔を向け、ティッシュペーパーを丸めて軽く鼻の中に入れ、鼻を指で両側より押さえます。のどにまわった血液は口からそっと出すようにします。約10分間様子をみて、出血が止まらない場合は、耳鼻科専門医の受診が必要です。

治療

鼻出血の場合、耳鼻科では、ガーゼによるタンポン、薬品または電気による凝固、口の中からつめるタンポン(ベロックタンポン)など、出血の量、出血部位によってそれぞれの止血処置が行われます。稀に頚部の外頚動脈の結さつが必要となる場合もあります。耳鼻科以外の診療科では、鼻出血を止めることはなかなか困難です。