グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


神尾記念病院(東京都千代田区神田)は、耳鼻咽喉科疾患に対する高度医療を提供する専門病院です。



ホーム  > 耳鼻咽喉科の病気  > 唾液腺と甲状腺の病気

唾液腺と甲状腺の病気

唾液腺の病気

唾液腺は、耳下腺、顎下腺、舌下腺の3対の大唾液腺と、口腔、咽頭粘膜表面に多数散在する小唾液腺があります。大唾液腺で作られた唾液は、管を通り口腔内に分泌されます。唾液は、食物を消化し、口腔内を湿らせ、清潔に保つ作用があります。唾液腺に多い病気は次の通りです。

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)

幼小児に多いですが、成人も罹患します。耳下腺、顎下腺をおかすのみならず、睾丸炎、膵炎、髄膜炎、内耳炎等を合併することがあります。内耳炎では一側の高度難聴を起こすことが知られています。予防注射は1回では確実ではありませんが、2?3回するとかまり効果があります。

小児反復性耳下腺炎

「おたふく風邪をなぜ繰り返すのかしら?」と思っておられるお子さんの多くはこの病気です。唾液管の拡張が、唾液腺造影検査(口腔内より唾液腺に1ccほどの造影剤を注入し、レントゲンを撮影)で認められます。広がった管内に唾液がうっ滞して感染を反復しますが、大人になるにつれておさまります。

シェーグレン症候群

耳下腺、涙腺が腫れ、分泌低下により乾燥症状を来す病気です。女性に多く、慢性関節リウマチなど膠原病との合併が多く認められます。血液検査、唾液腺造影で特徴的な所見を示します。

唾石

顎下腺に好発します。食事のたびに、顎下部もしくは耳下部の疼痛・腫脹を繰り返します。手術が必要です。

唾液腺腫瘍

良性耳下腺腫瘍が最も多いのですが、再発しやすく、放置しておくとガン化の可能性もあり、完全摘出術が必要です。しかし、耳下腺の中を顔面神経という顔の筋肉を動かす大切な神経が走っていますので、この神経を保存しながら腫瘍を完全摘出することは簡単ではなく、習熟した医師が行わなければなりません。

甲状腺の病気

甲状腺は、前頚部の浅いところにあり、病気が有るか無いかはほとんど触診でわかります。しかし難しいのは、次のような病気の鑑別診断です。  甲状腺が全体的に腫れる場合は、単純性甲状腺腫、バセドウ病、甲状腺炎で、これは血液検査でほぼ区別が可能です。
しかし、甲状腺の一部が瘤(コブ)状に腫れる場合は、甲状腺良性腫瘍、甲状腺ガン、時に甲状腺炎で、腫瘍、とくにガンとの区別が困難です。さらに、レントゲン、超音波、CT検査、ヨードシンチ、針生検等を行いますが、それでも手術しなければわからないこともあります。

単純性甲状腺腫
主に若い女性で、特に病気がないのに、甲状腺が腫脹することがあります。
バセドウ病
甲状腺が腫脹し、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるため、汗をかきやすい、食欲は亢進するのに体重減少、動悸等が起こり、長く放置すると眼球突出を来します。初期のものは抗甲状腺剤、進んだものには手術または放射性ヨードの投与などを行います。
甲状腺炎
  1. 亜急性甲状腺炎

  2. ウイルス感染によると思われ、発熱とともに甲状腺が痛み、腫れます。薬物治療で多くは数ヵ月で軽快します。
  3. 慢性甲状腺炎(橋本病)
    甲状腺の自己免疫疾患です。腫瘍との区別が問題となります。甲状腺ホルモンの分泌が悪くなると、甲状腺ホルモンの投与を行います。

甲状腺良性腫瘍
腺腫は原則的に切除します。腺腫様甲状腺腫といって腺腫のような病変が多発する病気があります。ガンとの区別が難しい場合は切除します。
甲状腺ガン
頭頚部ガンのほとんどは男性に多いのですが、甲状腺ガンの約9割が女性です。しかし、予後の比較的良い分化ガンが多く、遠隔転移がなければ、甲状腺と頚部リンパ節に対する手術で多くは根治可能です。逆に甲状腺未分化ガンは少数ですが、極めて悪性度が高く、放射線・手術等を行っても予後不良です。

唾液腺と甲状腺は、直接手で触れることができる数少ない臓器です。触れる場合、特にコブ状に触れる場合は、一度専門医を受診しましょう。