グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 耳鼻咽喉科の病気  > めまい

めまい

めまいと言うと、どんな病気を思い浮かべられるでしょうか。脳出血、脳梗塞、脳腫瘍など脳疾患とか、貧血とか、高血圧・低血圧など血圧の変動を考えられるのではないでしょうか。しかし、実際には耳が原因で起こるめまいが多いことは意外に知られていません。そのために患者さんの多くはまず内科や脳外科を訪れ、脳および内科には異常がないということで、耳鼻咽喉科へ紹介されることが多いのです。
耳鼻咽喉科にはめまいを主として扱う神経耳科という分野があり、脳疾患とか循環器疾患を含めためまいを起こす病気の原因や程度を総合的に診断します。

めまいの原因

ところで、めまいはどうしておこるのでしょうか。図にあるように、人間は自分の周囲の空間や位置を眼、内耳(半規管・耳石)および手足の関節などで感知し、その情報が脳に伝えられ、そこで統合され、身体のバランス(平衡覚)を微妙にコントロールしています。このいずれかが具合が悪くなると、平衡障害やめまいを感じるわけです。

めまいを起こす病気にはいろいろあります。めまいの代表的な病気について簡単に説明しましょう。

めまいを起こす病気

メニエール病
メニエール病は、めまいを起こす病気の中の代表ですが、下記のような特徴的な症状を示します。
めまいの発作の時に片側の耳鳴、難聴が一緒に起こり、めまいが消えるころにはそれらの症状も軽快、消失します。やっかいなことにこの病気は発作を繰り返し、やがて耳鳴や高度の難聴が残ることがあります。発作のない時は無症状となります。内耳の内リンパ水腫が原因とされています。両側にメニエール病が発症することもまれにあります。
突発性難聴(めまいを伴う
メニエール病によく似ていますが、発作はただの1回であることや、めまいがおさまっても耳鳴や難聴が残ってしまうことが異なります。この病気の原因は「きこえ」の神経のウイルス感染とか内耳の血管の血栓などが考えられています。メニエール病と同様に、もう一方の耳に発症することは稀です。
良性発作性頭位眩暈症
日常診療で大変多い病気ですが、あまり知られていません。これは、特定の頭の位置の変化(例えば寝返りをうったり、起床、臥床時など)で出現するめまいです。めまいは数10秒間しか続きません。耳石器(頭や体の位置・重力・直線加速度を感じる)の障害によって起こるといわれています。慢性中耳炎、頭部打撲、結核と関連が深いといわれています。
慢性中耳炎によるめまい
慢性化膿性中耳炎とか真珠腫中耳炎が内耳にまで及ぶと"内耳炎"を併発し、めまいを起こします。
聴神経腫瘍
片側の耳鳴、難聴が徐々に悪化し、ふらつき、頭痛や顔が曲がったり(顔面神経麻痺)して初めて診断されることが多くみられます。精密な聴力検査やめまい検査、耳のレントゲン検査やCTスキャン、MRIをおこなうことによって、早期診断ができます。
脳循環障害(椎骨脳底動脈循環不全症)
脳の血流が不足して、めまいに関係する小脳、脳幹の機能が悪くなって起こります。めまいの他に、舌がもつれる、物が二重に見える、手足がしびれるなどの症状が起こることもあります。激しい頭痛や意識不明などがあると脳出血が疑われます。
その他に脳腫瘍、頭部外傷、薬物による内耳障害、起立調節障害、過呼吸症候群、心因などが原因となって起こるめまいもあります。

めまいの治療

まず、めまいの誘発要因を取り除くことが必要となります。ストレス、過労、感冒、アレルギー体質、低血圧などがあります。めまい発作中は安静にします。強い頭痛や意識消失がない限り、命に別状がないことが多いので、まず気を落ち着かせることが大切です。めまいの専門医のいる病院に入院することが望ましいでしょう。精密な検査を行い、適切な治療が受けられます。
また、めまいがおさまっても、内服薬で再発作の予防に努めることが大切です。
めまいで手術的治療が必要となる病気は、メニエール病、外リンパ瘻、聴神経腫瘍などがあります。特に、メニエール病ではめまい発作が長期にわたって頻繁に起こり、聴力が不可逆的に悪化し、内服薬による治療が効果ない症例や両側のメニエール病では、手術(内リンパ嚢開放術)を行います。