グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

匂いが分からない


鼻から入ってきた匂いの空気が匂いのセンサーに到達し、センサーが正常に機能し、センサーから脳に信号が伝わって初めて匂いを認識できます。これらのどこか一つでも異常があると、正常に匂いを認識することはできません。アレルギー性鼻炎では匂いの空気がセンサーに届かなくなるため、嗅覚低下を生じ、鼻かぜでは空気の通りの問題に加えて、ウイルスがセンサーを直接障害することもあります。近年、認知症の初期症状として嗅覚低下も指摘されています。アレルギー性鼻炎や鼻かぜと思っていたら、慢性副鼻腔炎や匂いの神経の腫瘍(嗅神経芽細胞腫)だったということもありますので、匂いの低下が続く場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。


考えられる病気


  1. ホーム
  2.  >  症状から探す
  3.  >  鼻の症状
  4.  >  匂いが分からない